2月定例句会

早暁の警策の音冴返る          郁生

皺の手のすばやく動き毛糸編む      昭子

豆撒くや鬼になる父笑ふ母        昭子

夜の明けて風花ひとつ佳き日なれ     耕一

豆を打つ園児の声の鬼は外        耕一

日脚伸ぶ近づくものの気配とも      ひな女

ほろ酔ひの人を照らして冬の月      礼子

熱燗や児との話のちぐはぐに       睦夫

焼芋の匂ひのとどく上野駅        睦夫

春来るポケモンの絵馬抱かれ吊る     隆一郎

蠟梅の山ほどほどに賑はひて       雷児








潮風に煽られどほしどんどの火      雷児
[PR]

# by kurakukaii575 | 2015-02-26 11:49 | 句会報告  

1月定例句会

ブログ更新をしばらく怠けていましたが、新年を迎えてまじめに更新することにいたします。
また、旧年10月以降の句会報告も遡って載せましたので、併せてご覧いただければ幸いです。

長寿眉一本白し初鏡             睦夫

こころざし今年も同じ初日記         ひな女

凍豆腐風に耐え抜き深む味          ひな女

御神酒ひと滴を海へ初硯           郁生

朝の日の満ちる湯殿の淑気かな        郁生

箸止めて笑ひの止まぬおでんかな       睦夫

年の瀬や自と力む拭き掃除          隆一郎

さりげなく席譲るひと冬の朝         礼子

亡き人へ宛先のなき賀状かな         ひな女

昨晩と似たる顔ぶれ年忘           耕一

アルプスの尾根くつきりと初茜        昭子

噛めば噛むほどに数の子ぷちぷちと      雷児

恋知らぬ子が手を出して恋かるた       雷児
[PR]

# by kurakukaii575 | 2015-01-27 12:15 | 句会報告  

12月忘年句会


袴着の裾をはみ出てスニーカー     ひな女

石仏の八十八軀冬日和         ひな女  耕一特選

クラス会面影薄き冬帽子        礼子   郁生特選

萩括るそばから花をこぼしけり     郁生

日向ぼこ猫からもらふあくびかな    郁生

しぐるるや仁王の赤き体躯かな     郁生   礼子特選

菊人形歴史を語る一場面        睦夫

音の無く風知る欅落葉かな       睦夫   昭子特選

風呂吹やはふはふはふと舌の上     昭子   睦夫特選

大空に凛と座を組み冬北斗       礼子

欠礼の知らせちらほら十一月      耕一   雷児特選

街中を行き交ふマスク冬に入る     隆一郎

続かざることもあるらむ日記買ふ    ひな女

焼薯売来るころに来る灯油売      雷児

くれなゐに粧ふ苔の寺紅葉       雷児
[PR]

# by kurakukaii575 | 2015-01-27 12:01 | 句会報告  

11月定例句会

      
       舞岡公園吟行会

憎まれてはびこる強さ藪からし     耕一

頭たれ嵐の前の稲穂かな        隆一郎

古民家に梁の太きや秋の風       隆一郎

里山の柿青空にあらはなり       耕一

どんぐりの帽子が椅子に忘れられ    雷児

木の柵にもたれて和む秋桜       雷児


                                                                                                 11月定例句会

光降るごとく落葉松散りにけり     ひな女

店先の牡蠣といふ字に誘われて     礼子

人生に悔いの幾たび秋の山       睦夫

野分過ぎ雲のびのびと浮かびけり    礼子

音を断ち光を集め片時雨        ひな女

明月や土手の芒の湧き上がり      睦夫

怒り鎮めよ霊山の初冠雪        雷児

月満ちて母なる星の影に入り      雷児
[PR]

# by kurakukaii575 | 2015-01-27 11:51 | 句会報告  

10月定例句会


尖がつて生きた一生初さんま     睦夫

夜の闇に木犀の香の道しるべ     ひな女

廃校の隅黄昏れて一葉落つ      ひな女

地のほてり残るや虫の声細り     睦夫

栗届くなにはともあれおこは炊く   昭子

留守番の苦き秋刀魚の夕餉かな    郁生

店先に溢るる秋の供花もとめ     耕一

取巻きの雲を遠ざけ今日の月     雷児

一湾の金箔を延べ秋夕日       雷児
[PR]

# by kurakukaii575 | 2015-01-27 11:33 | 句会報告